学校で勉強する意義について考える

先日、とある大学生と議論した時の内容です。
「学校の授業は面白くないし、なんの役に立つかわからない。なので私は学外に勉強の環境を求めました」
という意見を主張されて、私なりに色々考えたことをまとめようと思います。

第一にまず私が思ったことは「なら学校に行かなければいい」です。
そもそも大学は高等教育です。小学校などで、集団として最低限のコミュニケーションや社会生活を営む上で必要な知識を学ぶことは自分のためでもありますが周囲のためでもあります。社会というシステムの恩恵を受けて生きていきたいならそれに沿う形で最低限の素養を身につけておく、つまり学ぶ義務があると見做すことはできるでしょう。しかし高等教育を受けるかどうかには選択の余地があるはずです。選択した主体がたとえ自分でなくて親だったとしても契約の主体は自分であり、大学からすると「○○さんから契約の要請がありましたため、授業料を納付する代わりにサービスを提供いたしましょう」と考えるのが自然である。ここで重要なのは大学というのは「授業料を納付する代わりにサービスを提供する」システムそのものであり、そのサービスが魅力的かどうか、授業料に相当する価値があるかどうかは契約を申請する人が決めるべきものです。つまり学生によってその目的は違うだろうし、実際に大学に所属してみて、あまり魅力的に感じないのならばやめればいいだけです。成人していない人がいくらかいるといっても、契約とかよくわからないので私には責任ありません。なので不満を言わしてもらいます。あなたはこの不満を改善する義務があります。というのは少々無理があるような気がするのです。授業で学ぶことがなんの役に立つかは初めから見出してから大学に来るのが理想です。

しかし、このような意見が出てきてしまう現状があるということは考慮しなくてはならないとも思います。日本では中学校までが義務教育と見なされていますが、事実上高校進学も同種のようにみられています。中学の時点で自分の実力を客観視できて人生のビジョンが見えている生徒は稀ですので(集団を考える立場で特異な例にターゲットすることは現実的ではありません)中学校時代の生徒の保護者・先生(お金の出資者と評価する主体)がその進路を決めることになります。現状の社会では契約の繰り返しで生活をする必要があり、契約の武器を持っていない人が本来の社会の枠組みに出て行くと淘汰されるのは目に見えています。自然とその生徒が社会で戦うだけの実力がないと見なされれば学びの環境へと送らされるわけです。子供はそうしてお金を与える主体(今の社会で言えば企業)から受け入れられる(社会で戦える力を持つ)まで学習し続けることになります。企業の受け入れの基準に高卒以上を据えている限り、自分の学ぶ意思のあるなしに関わらず大学などに行くことになるわけです。このような経歴を持つ人生を送ってきたであろうということは相手が日本人であればおおよそ当たっていることになります。相手の価値観や環境を理解すれば正論を持って頭から否定しても受け入れられないことは明白でしょう。

シンプルな解決策としては、学習の過程で学習の意義を教えてあげることです。ですが将来のビジョンが見えていない(何をしたいかが決まっていない)のにあなたにとって役に立つことを主張するというのは何という無理難題かとは思いますが、、、このような学習を続けて行くと、「できるから、これをやろう」という発想になってそのうち「授業で習っていないからできない」「やり方がわからないからやらない」みたいな人が育って行くのかもしれないです。「これをやりたいので、やり方を調べよう」「必要な知識がないので、勉強しよう」みたいな人が自然発生する教育はどのように実現すれば良いのでしょうかね。

今までは上記の論理が正しいという前提を置いてきましたが一度疑っていましょう。実は穴がたくさんあります。それを一つ一つ検証してきましょう。

第一にそもそもお金を与える主体が企業であるという点が疑わしいです。多くの人は「自分が生活していくためにはどうすればいいか」と考えます。今でこそ企業に入りさえすれば稼げるという前提があるため「生活する=就職する」という常識が生まれましたが戦後の日本や発展途上国などではそもそも自分を保護してくれる企業がありませんでした。どうあがいても生活していかなくてはならないので自分から仕事を探すのです。私は今の起業家文化は原点回帰だと考えています。お金を稼ぐツールとして企業の魅力が少なくなったため、企業文化ではなくかつてのやり方にターゲットされているのだと思います。私が「魅力的でないならやめればいい」みたいな考えを主張する根底には昨今の起業家文化に触れて生活しているという側面もあるのでしょう。

第二に義務教育で学ぶ範囲はどこまでかということです。私は義務教育は「社会の恩恵を受けるため、他の社会人に過度の迷惑をかけない程度の素養を身につける教育」としています。目的を自分への投資だけではなく、社会的意義も付与しているのです。ともすれば義務教育の範囲は社会人としての必要な能力のボーダーに依存することになります。個々人によって理想の社会の解釈は異なりますし、時代や場所によって実際の社会も異なるので一概には言えないです。「私はこのような社会を考えていますので大学は義務教育だと思います」と主張されたら反論できません。今の日本社会では中学校の学習指導要領までが義務教育だとされているようですが

シリコンバレーでは大学と企業の人材の循環があります。大学の教授が企業に就職し、しばらくしたら大学に戻ったりします。企業で成功した人が大学の教授として迎えられたりもします。教授は勉強の意義をアカデミックな立場で把握していますが学生は必ずしも教授と同じ目的を持って大学にいるわけではありません。しかし万人に共通して「生活できる力を身につける」ことは興味関心の対象です。アカデミアな組織としての大学でビジネスをするというのは一考の余地がありますが、ビジネスというのが大学と学生のノリのような役割を担えると学ぶ意義を見出しやすくなるのではないでしょうか。アカデミアとしての大学と肩を並べるような、ビジネスとしての学びの場という目的の組織ができてもいいかもしれませんね。インターンシップや産学連携というのもこういうモチベーションがあるのだと思います。